dan gentenとは

dan gentenとは

dan genten(ダン ゲンテン)はクイーポから新たに作られた
メンズラインを主力に展開したブランドです。
2006年の春に立ち上げしました。

「dan」は男性のダンを意味しています。
メンズのウェア、シューズ、バッグ、その他の
ファッション小物を作っています。

レディス向けのゲンテン同様、エコロジーが原則。
素材そのものを重視して作られています。
メンズラインもシンプルなものが大半で
流行に左右されず長く使用できるのも同様です。

 

革本来の自然な風合いを活かして、手になじむ革のよさは
正に革製品の醍醐味と言えます。

長年に渡って使い込むことが出来るので
商品と過ごした時間を大切に思えるような
商品作りがなされています。

バッグが主流ですが、手帳やペンケース、
帽子、靴、ベルトなどの小物が揃っています。

特に、男性にとって重要なアイテムであるカバンがいろいろな
種類のレザーで豊富にそろっています。

ボストンバッグ、ショルダーバッグなどシンプルで
長く使えるものばかりです。

 

直営店は国内では6店舗あり、
丸の内、表参道、横浜元町、心斎橋、神戸、長野で営業しております。

直営店では工房を併設し、修理などをしてもらえます。
こういったサービスも長年使い続ける上でうれしいサービスです。
愛用品は修理してでもまた使いたいですからね。

百貨店に入っているのは上野松坂屋、伊勢丹府中、
横浜そごう、福岡岩田屋の4店舗です。

まだまだ販売店展開は広まっていませんが、
ゲンテン同様、全国的に広まっていくでしょう。
今後の展開に注目したいですね。

 


<<前エントリ | 次エントリ>>

新着記事

鞄について考える

鞄(かばん)は、日常品や貴重品等の荷物の運搬を目的とした 取っ手がついた袋状の服飾雑貨のことを指します。 一般的に革や布でできていています。 特徴としては…


クイーポ第2のブランド

クイーポの第2の ブランドがECOMACOです。 ショップの展開は直営店は他と同様に 横浜元町店と長野店にあります。 あとは百貨店に入っています。 この辺も同様ですね。 百貨店に進出するのがクイーポの基本戦術みたいです。 百貨店は…


革製品に思いを馳せる

ジーンズと同じように、 革は使えば使うほど色や味が出てきます。 新品の内はまだ白くて、新革の独特の匂いがしますが、 (これはこれでいいですが) これから私の使い方や気温や湿度に影響され、 光などの環境にも刺激されながら、少しずつ馴染んで、 変化していく…