genten徒然日記 その26

genten徒然日記 その26

genten を先だってくわしく調査してみると、これがなかなか面白い事に気がつきます。



gentenというブランドは、流行に左右されず、一生使い続けることが出来る大人のブランドとして確立されています。作りはしっかりしていてそこには一切の妥協はありません。革で注意したいのは水にぬれることでシミになってしまう所です。古来より日本ではさまざまな分野において自然美を活かし、生活の中でも、それが受け継がれてきました。長年使うことが出来るため、使うほどに表情、個性が出て、愛着が持てる品が多く、流行に左右されず永く愛用できるよう、落ち着いた渋めのデザインが主流となっています。同じデザインの他のバッグでもそれぞれ使い込んでいくうちにまったくちがう表情をみせてくれます。



ブランドとは、ある商品・サービスを象徴するもののことを指す。意外とプライベートのみ、ビジネスのみにしか(デザイン的に)使えないブランドって多いです。gentenは国内では全国的に展開していますが、やはり大きい都市にしか販売店がなく、しかも通販ではなかなか手に入れにくいのが現状です。男性にとって重要なアイテムであるカバンがいろいろな種類のレザーで豊富にそろっています。革製の物ではペンケースなどもいいですね。旅行用鞄やアタッシェケースなどは施錠ができるものもあります。



gentenの製品に限らず革は熱にとても弱いので、ぬれたとしても絶対にドライヤーなどの熱を直接当てて乾かそうとしてはいけません。ナチュラルな革ということで時にはお手入れも必要なのですが、手が掛かる分、愛着がわいてきます。いい物を作るにはいい素材が必須になってきます。地方に住んでいる方には手に入りにくいのでgentenは敷居の高いブランドといえるかもしれません。バッグのヤフオクでの落札希望価格は5000円くらいから30000円ぐらいの金額で出されています。いいイメージを持ってもらうにはサービスなり商品なりをしっかり作ることが必要になってきます。



正しい手入れでgentenの製品を長持ちさせましょう。又、使えば使うほどに味が出る!これも革製品の醍醐味といえますとくにナチュラルレザー物だから、なおさらですね。ゲンテンというブランド名はこの自然に帰る原点回帰の「原点」からきています。革製の財布を持っている人であれば、愛着がわく感覚分かるはず。エコマコはシンガポールで日本代表ブランドとしてショーを行ったり、イタリアのミラノで行われた新商品の展示会に招待されるなど、gentenの経営理念とも共通しお互いの良さを引き出し合うことができる注目のブランドです。Ryo-ri gentenでは「厳選された自然食材の特徴を 最大限に生かし、そして生産者の顔がしっかり見える良質の食材に敬意を払い調理する」をコンセプトにしています。




gentenの関連サイト・ブログを紹介します。



物欲・買物全般 - Tiny Happy Days

新しい季節に、縁起物 gentenの春財布 買いました。( ´∀`)/ (genten fan) ... ワンセグもオサイフケータイもついてませんが、自分には不要なので問題なし。 ... 地球環境のために、レジ袋を無くしてショッピングバッグを持参するというエコバッグ ... 大学生のペンケース genten 愛用

blog.goo.ne.jp/plastiky/c/



筒井美佐男本舗のかばん 全国送料無料

外国製の安価なバッグが店頭に並ぶ時代。一生愛せる相棒、 筒井美佐男本舗のかばんを ... 男のつきそいサイフ!これはおすすめ! 筒井美佐男本舗オールカンガルー革 ... 278 かばん genten 276 ばく かばん 274 かばん 修理 東京 273 作り 方 かばん genten お手入れ genten 皮

candp.hp.infoseek.co.jp/misao.html



バッグ大好き+.(´∀`*).+バッグマニア 楽天ブログ

そうそう /19ユウ99の日記 前のエントリで触れてたgentenのバッグ。こんな感じです。また適当な写メ…上手く取… ... ダコタのがま口サイフ /19ユウ99の日記 以前リアル店舗で購入したダコタの財布。【Dakota】<リードクラシック>がま ... genten 福岡 genten ゲンテン

plaza.rakuten.co.jp/thm/?PageId=297424

 


<<前エントリ | 次エントリ>>

新着記事

鞄について考える

鞄(かばん)は、日常品や貴重品等の荷物の運搬を目的とした 取っ手がついた袋状の服飾雑貨のことを指します。 一般的に革や布でできていています。 特徴としては…


クイーポ第2のブランド

クイーポの第2の ブランドがECOMACOです。 ショップの展開は直営店は他と同様に 横浜元町店と長野店にあります。 あとは百貨店に入っています。 この辺も同様ですね。 百貨店に進出するのがクイーポの基本戦術みたいです。 百貨店は…


革製品に思いを馳せる

ジーンズと同じように、 革は使えば使うほど色や味が出てきます。 新品の内はまだ白くて、新革の独特の匂いがしますが、 (これはこれでいいですが) これから私の使い方や気温や湿度に影響され、 光などの環境にも刺激されながら、少しずつ馴染んで、 変化していく…