genten徒然日記 その36

genten徒然日記 その36

今まで知らなかった使えるgenten の新事実が見つかるといいですね。



大事に使えば何十年でも使い続けることのできる確かな品質の製品。せっかく手に入れたgentenの製品ですから、ずっときれいな状態で使い続けたいですよね。バッグとしては小さなサイズですが、お出かけするにはちょうどいい大きさのバッグです。近代の発展で利便性や経済成長が求められ、大量生産が主流になった代わりに大量のゴミが排出され資源も食い潰すように消費されています。意外とプライベートのみ、ビジネスのみにしか(デザイン的に)使えないブランドって多いです。衣食への展開も着々と進めており、「原点回帰」のコンセプトを様々な分野で 展開しようとしています。



機能性は高いベルトポーチは警備員が使用する「キーバッグ」もこの一種に含まれます。鞄の取っ手にも色々ありただ単純に手で持つものから、体に密着させるための1本か2本のショルダーストラップ(肩掛け)タイプ、体に巻きつけるベルトがついているウェストバッグタイプなど色々です。安物の合成革などでキズがつくと取れないんですよね。革本来の自然な風合いを活かして、手になじむ革のよさは正に革製品の醍醐味と言えます。革で注意したいのは水にぬれることでシミになってしまう所です。「みんなが持っているから、私も買おう」そんな理由で購入する人は少ないと思えます。



作りはしっかりしていてそこには一切の妥協はありません。dan genten(ダン ゲンテン)はクイーポから新たに作られたメンズラインを主力に展開したブランドです。使っていくと流行とともに色あせてくる流行もののバッグとはちがい、手間をかけて使い込めば使い込むほど愛着がでてくるバッグだと思います。銀座直営店の2Fにオープンした「Ryo-ri genten」94年末に開店。ベルトポーチは鞄自体にベルトが付いていない点がウェストバッグとは違います。dan genten「dan」は男性のダンを意味しており、メンズのウェア、シューズ、バッグ、その他のファッション小物を作っています。



かばんにも色々ありますが、その中の一つ、アタッシュケースは正確には「アタッシェケース」というそうです。ゲンテンの製品は自分で育て上げいって、自分だけのオリジナルの物を作りあげていくそんな一品なんです。保護するために防水スプレーと同時に汚れ防止に保護クリームも塗っておくといいです。例えば、ポーチなど財布が1つ入るほどの小さな鞄から、ゴルフクラブ一式を入れることができるゴルフバッグに至るまで様々の大きさがあります。派手だが飽きの早いデザインより、長く愛着を持てるデザインにしている訳なんです。いろいろな種類のタイプのなかでもヌメ革のものが、人気が高いのです。




gentenの関連サイト・ブログを紹介します。



Bagazine bit(鞄、バッグの業界専門誌が発信する媒体案内及び情報 ...

Bagazine free(バガジンフリー) 編集部がセレクトしたバッグ、サイフ、シューズ、アクセサリー、帽子、洋服など雑貨アイテム(有名 ... genten New York エーススーツケースリサイクルキャンペーン アルベリッカ日比谷 OFFERMANN丸の内店 LANEVE COLLECTION お勧めペンケース ゲンテン 小物

www.bagzn.com/sitemap.htm



スキー・スノボ@2ch掲示板

in煤板 3冊目 (390) 96: サーモバッグを自作しよう (70) 97: 【休業?】幻のヌキー場2 ... 2007】 あけおめ専用スレ 【ヨウコソ2008】 (149) 117: ワイドボード (14) 118: Genten Stickを ... Q来年のグラがダサイので今期の旧モデルを買おうと思うのですが? A来年も同じこと ... jr京都伊勢丹 gentenn ゲンテン財布

schiphol.2ch.net/ski



太田垣の鞄のリンク集 [JapanBag.com]

市ヶ谷外堀通り沿いにあるバッグメーカー。自社ブランドとして、genten、g-coloss等。他にベネトン、モスキーノ、GUESS、DAKS、アナスイ、JILL STUARTなど ... 1961年創業のサイフ等の革小物専門の大手メーカー。自主企画品、ライセンスブランド、有名ブランドOEMの革 ... バッグ 由来 genten 通販

japanbag.com/search.php?genre=03&jpn=on

 


<<前エントリ | 次エントリ>>

新着記事

鞄について考える

鞄(かばん)は、日常品や貴重品等の荷物の運搬を目的とした 取っ手がついた袋状の服飾雑貨のことを指します。 一般的に革や布でできていています。 特徴としては…


クイーポ第2のブランド

クイーポの第2の ブランドがECOMACOです。 ショップの展開は直営店は他と同様に 横浜元町店と長野店にあります。 あとは百貨店に入っています。 この辺も同様ですね。 百貨店に進出するのがクイーポの基本戦術みたいです。 百貨店は…


革製品に思いを馳せる

ジーンズと同じように、 革は使えば使うほど色や味が出てきます。 新品の内はまだ白くて、新革の独特の匂いがしますが、 (これはこれでいいですが) これから私の使い方や気温や湿度に影響され、 光などの環境にも刺激されながら、少しずつ馴染んで、 変化していく…