genten徒然日記 その39

genten徒然日記 その39

genten は近年は様々な人がますます興味深くなり、人々の関心を集めています。



革製品は熱によって変形してしまう可能性があるので注意です。作りはしっかりしていてそこには一切の妥協はありません。直営店では工房を併設し、修理などをしてもらえます。お手入れ用の皮革用クリームを塗ると油分が保たれて製品が長持ちします。他に革製の日用品にペンケースなどはどうでしょうか、ペンケースとは文字通りペンなどの筆記用具を入れておくケースです。サイフの開閉部分はチャックやボタン式の物が主流ですが、「がま口」といわれる、金属製の口金を持つ物も流通しています。



引っかき傷程度なら乾いた布でやさしくこすると目立たなくなります。重要な書類などを入れるアタッシュケースの語源は大使館員、特に書記官や駐在武官が書類を入れるのに使用していた鞄で、その人達のことをフランス語で「アタッシェ」と呼ぶ事から始まったそうで「アタッシェケース」が正しい読みです。使える皮の種類は確認しておいて下さいね。傷一つ一つが長年愛用してきた印でもあるのですから。財布やバッグも他の商品と同様に、やはりシックなデザインになっています。革製品に自分だけの表情を出すには日頃からの手入れが必要になってきますが、この面倒くささもまたよかったりします。



ゲンテンのデザインは地味に感じる方もいるかもしれませんが、デザインがシンプルなので、どんな服装にでも合うので使いまわしがきいていいという考えもあります。オイル調のヌメ革の場合、軽い引っ掻き傷程度なら乾いたやわらかい布や指の腹でこすると、目立たなくなる特徴があります。扱う製品全てに自然を活かしきるとうコンセプトをしっかりと持って展開させています。gentenの資源を守るため、長く製品を愛用してもらおうという姿勢は、公式サイトに革製品のアフターケアの方法を載せていることからも伺えます。消費者が商品やサービスを見た際に連想させる周辺イメージなどを総称してブランドと呼ぶこともあります。少々高くても「まず、ハズレはない」、と安心して買うことができます。



大事に使えば何十年でも使い続けることのできる確かな品質の製品。いい物を作るにはいい素材が必須になってきます。ボストンバッグ、ショルダーバッグなどシンプルで長く使えるものばかりです。毎日使った後に乾いた布で拭いてホコリを落とせば日頃のお手入れとしては十分です。ゲンテンでは流行物を求めて購入される方には気に入った物は見つからないかもしれません。革製品は使えば使い込むほど革の風合いが深まり独特のあめ色の素晴らしい色合いがでてきます。




gentenの関連サイト・ブログを紹介します。



お気ラク★ネットさん: 2008年7月

おサイフのデザインもとってもカッコイイの。 サンプルからデザインを発展させたり 「こんなカンジで ... gentenのバッグにつけると こんなカンジ。 革良い カワイイ。 イエイ。 アタシ決めたわ。 \500 貯金再開よ。 genten伊丹店 genten 伊勢丹

tricot.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/index.html



サイフについて | gentenのバッグ 財布を持とう!

「サイフについて」は「gentenのバッグ 財布を持とう!」内のページです genten 新作 genten クイーポ

genten.zipang-ko.net/saihu



クロエ 銀座

クロエ サイフ クロエ セール クロエ 激安 ハワイ クロエ クロエ ストラップ クロエ キーホルダー クロエ コート ... ハンドバッグメーカーのクイーポが経営する銀座の「genten(ゲンテン)」ではバッグや財布などの革製品はすべて、植物の樹皮や根などに ... ゲンテン 長財布 genten

kuroe.goraikou.com/category94.html

 


<<前エントリ | 次エントリ>>

新着記事

鞄について考える

鞄(かばん)は、日常品や貴重品等の荷物の運搬を目的とした 取っ手がついた袋状の服飾雑貨のことを指します。 一般的に革や布でできていています。 特徴としては…


クイーポ第2のブランド

クイーポの第2の ブランドがECOMACOです。 ショップの展開は直営店は他と同様に 横浜元町店と長野店にあります。 あとは百貨店に入っています。 この辺も同様ですね。 百貨店に進出するのがクイーポの基本戦術みたいです。 百貨店は…


革製品に思いを馳せる

ジーンズと同じように、 革は使えば使うほど色や味が出てきます。 新品の内はまだ白くて、新革の独特の匂いがしますが、 (これはこれでいいですが) これから私の使い方や気温や湿度に影響され、 光などの環境にも刺激されながら、少しずつ馴染んで、 変化していく…