genten徒然日記 その42

genten徒然日記 その42

genten のことがなんとなく心に引っかかって気になりませんか?。



最近カバンではベスト型の着る感覚のカバンも開発もあるようです。雨等の水にぬれた場合は、乾いたやわらかい布で拭き取り、風通しの良い日陰での陰干しをする必要があります。長年愛用していればきっと革製品を見ただけで、色んな思い出が蘇るでしょう、まるで、アルバムみたいですね。財布の耐久性と携帯性を両立させるために、素材としては、皮革のほか布やポリ塩化ビニルなどが用いられます。落ち着いたデザインなので、流行などに捉われずに使える所もうれしいところ。染料も天然のものを使用しています。



長年使っているとどうしても細かい傷などは出てくる物です。gentenのバッグはとってもシンプルだけど、実は、とっても機能的に造られたバッグなのに驚き。商品を現すイメージを確立した後は、付属物自体(ブランド自体)が重要な意味を持つようになりました。銀座直営店の2Fにオープンした「Ryo-ri genten」94年末に開店。収納する時はすぐに密閉されるような場所にしまわずに、風通しの良いところで半日から1日ぐらい置いて乾燥させてから収納するといいでしょう。せっかく手に入れたgentenの製品ですから、ずっときれいな状態で使い続けたいですよね。



保護用クリームは薄く広がるぐらいに塗れれば十分です、製品のふちの部分まで全体にムラなく塗っていきましょう。その製品の良さを体感するにはまずサイフなど日頃よく使う物から使ってみると他の物とは違う、質のよさが実感できていいのではと思います。新品の内はまだ白くて、新革の独特の匂いがしますが、これからのその人の使い方や気温や湿度に影響され、光などの環境にも刺激されながら、少しずつ馴染んで、変化していくのです。革製品は長年愛用していると自分だけの個性というか味がでてきて、ますます愛着がわいてきます。海外では北京、パリと2店舗あります。良質な革は使い込めば使い込むほどいい色合いがでて、そのバッグやお財布ごとに違ったいい感じの風合いがでてそれが個性となってきます。



革・布生地・縫製糸だけでなく、金具等の素材も製品寿命を終えたときに錆びて土に戻る鉄や真鍮を使用しており、とことん企業理念を忠実に守り、徹底した商品となっています。きずがついた時は柔らかい布でやさしくこすってみましょう。そこですこし考えを変えてオークションならgentenのバックがないかなとヤフオクで探してみると、ありました。使っていくと流行とともに色あせてくる流行もののバッグとはちがい、手間をかけて使い込めば使い込むほど愛着がでてくるバッグだと思います。一生物の製品がほしいなら、やっぱりゲンテンがおすすめ。gentenのブランド立ち上げは1999年スタートで、意外と古いです。




gentenの関連サイト・ブログを紹介します。



サイフについて | gentenのバッグ 財布を持とう!

「サイフについて」は「gentenのバッグ 財布を持とう!」内のページです ゲンテン 京都 財布 genten hp

genten.zipang-ko.net/saihu



お気ラク★ネットさん: 2008年7月

おサイフのデザインもとってもカッコイイの。 サンプルからデザインを発展させたり 「こんなカンジで ... gentenのバッグにつけると こんなカンジ。 革良い カワイイ。 イエイ。 アタシ決めたわ。 \500 貯金再開よ。 genten 汚れ 革製品保護クリーム

tricot.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/index.html



バッグ大好き+.(´∀`*).+バッグマニア 楽天ブログ

そうそう /19ユウ99の日記 前のエントリで触れてたgentenのバッグ。こんな感じです。また適当な写メ…上手く取… ... ダコタのがま口サイフ /19ユウ99の日記 以前リアル店舗で購入したダコタの財布。【Dakota】<リードクラシック>がま ... genten 市ヶ谷 心斎橋 ゲンテン

plaza.rakuten.co.jp/thm/?PageId=297424

 


<<前エントリ | 次エントリ>>

新着記事

鞄について考える

鞄(かばん)は、日常品や貴重品等の荷物の運搬を目的とした 取っ手がついた袋状の服飾雑貨のことを指します。 一般的に革や布でできていています。 特徴としては…


クイーポ第2のブランド

クイーポの第2の ブランドがECOMACOです。 ショップの展開は直営店は他と同様に 横浜元町店と長野店にあります。 あとは百貨店に入っています。 この辺も同様ですね。 百貨店に進出するのがクイーポの基本戦術みたいです。 百貨店は…


革製品に思いを馳せる

ジーンズと同じように、 革は使えば使うほど色や味が出てきます。 新品の内はまだ白くて、新革の独特の匂いがしますが、 (これはこれでいいですが) これから私の使い方や気温や湿度に影響され、 光などの環境にも刺激されながら、少しずつ馴染んで、 変化していく…