財布について考える

財布について考える

財布とはなんだろう?

辞書的に語るなら
サイフは、一般的に「金銭」ないし「貴重品」と呼ばれる
価値の高い物品を収納し携帯の便が良いように
工夫された入れ物である

といった所でしょうか?

現在では、特に携帯性を主にして作られていますが、
その収納機能も携帯するのに邪魔にならない範囲で、
お金やカードなどを機能的に収納できるよう
工夫された製品が流通されています。

また、ある程度の強度も求められます。
いくら携帯性や収納性に優れていてもペラペラの紙
でできた物を持ち歩きたいと思いますか?

思わないですよねw

サイフに入れられる物は、紙幣や硬貨などは元より
キャッシュカードやクレジットカードまたは、
プリペイドカードなど金銭に関する物や、

運転免許証や保険証など身分証明になるものなどです。

貴重なものばかりなのでしっかりと保護する必要が
あります。

耐久性と携帯性を両立させるために、
素材としては、皮革のほか布やポリ塩化ビニルなどが用いられます。
どれも一定の耐久性があり、軽くて携帯性にも優れます。

開閉部分はチャックやボタン式の物が主流ですが、
「がま口」といわれる、金属製の口金を持つ物も
流通しています。

これはガマガエルのように大きく開く「口」(開口部)を
持つためで、財布と言われればこれを連想する人も
多いかもしれませんね。

 

ともあれ、サイフとは貴重品を入れる物。
選ぶ時はそれらをしっかりと守ってくれる物を
選びたいものです。

 


<<前エントリ | 次エントリ>>

注目の記事

  • シャネルのiPadケースをスクープ! 今冬発売
    シャネルから今冬、iPadケースが発売されるという。実はこのプロダクツ、すでに今夏サントロペで行われた2010/11クルーズコレクションに、こっそり登場していた。コレクションショーで「それ」とわからないように持たせるところは、カール・ラガーフェルドらしいユーモア。
  • ピエール・エルメ×マタリ・クラッセ、夢の調理器具
    世界のトップパティシエ、ピエール・エルメと、フランスの人気デザイナー、マタリ・クラッセが初コラボを実現。アレッシィから、キッチンに置いておくだけでワクワクするような調理器具が発売された。
  • ピエール・エルメ・パリの日本限定コレクション
    フランスの年初めの恒例行事・エピファニーに欠かせない伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」をテーマに、ピエール・エルメ・パリがガレットの特別コレクションを日本限定で発売開始した。

新着記事

鞄について考える

鞄(かばん)は、日常品や貴重品等の荷物の運搬を目的とした 取っ手がついた袋状の服飾雑貨のことを指します。 一般的に革や布でできていています。 特徴としては…


クイーポ第2のブランド

クイーポの第2の ブランドがECOMACOです。 ショップの展開は直営店は他と同様に 横浜元町店と長野店にあります。 あとは百貨店に入っています。 この辺も同様ですね。 百貨店に進出するのがクイーポの基本戦術みたいです。 百貨店は…


革製品に思いを馳せる

ジーンズと同じように、 革は使えば使うほど色や味が出てきます。 新品の内はまだ白くて、新革の独特の匂いがしますが、 (これはこれでいいですが) これから私の使い方や気温や湿度に影響され、 光などの環境にも刺激されながら、少しずつ馴染んで、 変化していく…