革製品 濡らした時の対処法

革製品 濡らした時の対処法

一般的に革製品は水や、雨などに濡れるとシミになってしまいます。

特にgentenの製品はナチュラル仕上げなので、
非常にデリケート出来ていますので十分気をつけましょう。

 

お出かけの際は雨などに気をつけているとは思いますが、
夕立など急な雨に降られてしまうこともあると思います。

もしぬらしてしまった場合はまず乾いたタオルでふき取ります。
そしてできるだけ風通しがよく日陰の場所において陰干しします。

バッグや財布などは、中に吸収性のよい紙、例えば新聞紙などを
入れておくと乾燥効果がさらに高まり効果的です。

 

gentenの製品に限らず革は熱にとても弱いので、
絶対にドライヤーなどの熱を直接当てて乾かそうとしてはいけません。
また乾燥機を使ったり、直射日光に当てて乾かしたりしてもいけません。

革製品は熱によって変形してしまう可能性があるのです。

急いで水分をふき取ってもシミになってしまった場合、
柔らかい布を水で濡らして固く絞ります。

その布でシミの周りをポンポンと叩くようにして拭くと、
目立たなくなります。

ただし、大きくなって目立つシミになってしまった場合は
この方法では目立たなくならないこともあります。

どうしても落ちないときには信頼できる革製品のクリーニングの
お店でクリーニングしてもらいましょう。

また、gentenのショップでは製品の修理などもしているので
ショップに物を持っていって相談してみるのもいいと思います。

 

とにかく汚れや濡れたときなどは素早い対応するよう
心がけましょう。

 


<<前エントリ | 次エントリ>>

新着記事

鞄について考える

鞄(かばん)は、日常品や貴重品等の荷物の運搬を目的とした 取っ手がついた袋状の服飾雑貨のことを指します。 一般的に革や布でできていています。 特徴としては…


クイーポ第2のブランド

クイーポの第2の ブランドがECOMACOです。 ショップの展開は直営店は他と同様に 横浜元町店と長野店にあります。 あとは百貨店に入っています。 この辺も同様ですね。 百貨店に進出するのがクイーポの基本戦術みたいです。 百貨店は…


革製品に思いを馳せる

ジーンズと同じように、 革は使えば使うほど色や味が出てきます。 新品の内はまだ白くて、新革の独特の匂いがしますが、 (これはこれでいいですが) これから私の使い方や気温や湿度に影響され、 光などの環境にも刺激されながら、少しずつ馴染んで、 変化していく…